エクスペディアのダイナミック海外ツアーのお得度がすごい!

世界最大の旅行サイトのエクスペディアでは航空券、ホテル、送迎がセットになったダイナミックな海外ツアーが格安で提供されています。
エクスペディアのサイト上から検索をしてお好みの海外旅行を検索してみてください。
空きがあるツアーのみしか表示がされませんので、その場で空きの確認ができるとても便利になっています。
豊富な航空券と世界7万軒の1つ星から5つ星までのホテルから自由な組み合わせができ、自分にあったお好みのツアーが組めます。

 

航空会社の発着時間はもちろん、ホテルの部屋タイプなど細かい指定も可能です。
滞在中に知人宅に泊まる予定がある場合などは一部の期間だけをホテルのツアーとして予約が可能となっています。
エクスペディアのホームページで検索途中などで不明な点や疑問点がある場合はコールセンターが24時間あいていますので不安を抱えたまま予約するようなことはなく、安心してご利用頂けます。
一人旅行でも友人や家族とご一緒に旅行計画される方も大変便利で使い勝手が良いエクスペディアのダイナミック海外ツアーをご利用されてみてはいかがでしょう。

その上、エクスペディアでは、ホテル直前予約で割引に!

海外ホテルの予約サイト「エクスペディア」では、ホテル直前予約も割引の対象になります。
エクスペディア クーポンとダイナミック海外ツアー、そしてホテル直前予約の3つを同時に利用すればこれより安い旅行はありません。
もちろん日本からも予約できるから安心です。
エクスペディアは全世界で14万軒以上のホテルを網羅していますので、希望する都市を入力して、ホテルを検索しましょう。
ホテル直前予約で割引になるのはエクスペディアだけですよ。
ディスカウントになるので、思い切って5つ星のホテルに宿泊するのも良いでしょう。

海外旅行を快適にするには、サービスが良いホテルをセレクトする必要があります。

エクスペディアでは、あなたのプランにぴったりのホテルをご紹介します。
家族や恋人と楽しい思い出をつくるために、豪華なホテルに宿泊しちゃいましょう。
外国語が苦手な方のために、日本語で電話予約できるようになっています。
ホテル直前予約で割引になりますので、じっくり海外ホテルを検討してみてはいかがでしょうか?

■持っていく現金は予算に対する比率で決める

現地に持っていく現金は、必要となる予算に対する比率で決めると良いです。
クレジットカードが無い場合は、現金100%となってしまいますが
クレジットカードがあるなら、現金比率は3~4割が理想でしょう。

渡航先によっても異なりますが、だいたいの国はクレジットカードで
決済することができます。
よほどの途上国に行くか、クレジットカードが使えそうにない場所に行くなら
現金比率を高くせざるを得ません。

■トラブル回避のために現金化率を少なくしよう

どうして現金比率を少なくするのか、それは現地でのトラブルを
未然に防ぐためです。

海外では日本と比較にならないほど盗難リスクが高くなります。
もし予算に対して現金が100%であれば、盗難時のダメージが大きくなり
手持ち資金がゼロになってしまいます。

そのために現金比率を減らして、クレジットカードなどで
現金の代用をするのが得策となるのです。
また、渡航先の通貨によっては為替手数料が高くなることも比率を下げる理由です。

■現地鬱化への両替は日本がいい?

現地通貨への両替は通貨にもよりますが、ドルやユーロの場合は
日本で両替したほうが手数料を抑えることができます。
およそ3~6%程度の手数料となりますが、途上国などであれば
手数料が10%を超えることもあるので要注意です。

なお、クレジットでも支払であればトータルの手数料は、
1~2%程度になるので現金を用意するよりも大幅にお得になります。

こういった点からも現金比率はできるだけ下げたほうがいいでしょう。

車を運転する人はわかると思いますが、運転中にクラクションを
鳴らすことは殆どありません。
急にバイクが飛び出して来たり、方向指示器を出さずに
狭い車間に入ってこようとしてきたときぐらいしか鳴らさないでしょう。

しかし海外ドライバーの多くはかなり頻繁にクラクションを鳴らします。
特に東南アジアやインド周辺国では非常に頻繁に鳴らすようです。
見ていると、こんなときに鳴らしているようです。

・自分が先に行くから入ってくるなのタイミング
・バイクの横を自分が通るぞっていうタイミング
・狭い通路を走行するタイミング
・歩行者が車道近くにいるタイミング

これらは全て注意喚起の意味合いを込めて鳴らしているようで、
鳴らされた相手も別に怒ったりということはないようです。

国によっては歩行者優先ではなく、車優先になっていることがあり
そのために未然に事故を防ぐためにクラクションやパッシングを
活用しているようです。

だからといって日本国内で同じようにクラクションを鳴らすのは、
場合によっては道路交通法違反になることがあるので辞めましょう。
明らかに危険な状態でなければ、クラクションを使ってはいけません。
煽っていると思われて、予期せぬトラブルになることもあります。

海外で運転するときは、その国の運転事情を把握した上で
必要に応じてクラクションを使った方がいいでしょう。
また、道を歩いている時でも車優先になっている場合は、
車が待ってくれることはありませんので注意すべきです。