群馬県にあるホテルSLというホテルでは、D51というSLに乗ることが出来る
サービスを開始しました。
朝10時から夕方16:00台までの1時間に2本の運行を予定しているようです。
大人500円子供400円となっています。

ホテルでは川場温泉からの引き湯があるので温泉を堪能できますし、
普通に宿泊施設として利用することも出来ます。
念のために言っておきますが、宿泊するのはホテルであってD51の車両内ではありません。
D51はあくまでもSLですから乗ることが出来るサービスの一つです。

ホテルのウェブサイトにはD51が運行している動画を見ることが出来ます。
重厚な車体と汽笛の音がSLファンでなくても心を掴まれる感じがして興奮します。
日本国内にはいくつかSLに乗ることが出来る場所がありますが、
ホテルとセットになっていて楽しめる場所はココしかないでしょう。

家族旅行などで温泉を楽しみながらSLで昔懐かしい雰囲気を堪能することで、
リフレッシュできるのではないでしょうか。
日帰りで温泉を楽しむことも出来ますし、テニスコートも完備していて
予約することで使うことが出来るようです。
無料で使える無線インターネットもあるので、便利ですね。

SLが好きなお子さんもお父さんと一緒に楽しめるでしょうし、
D51ファンにとっても見逃せないスポットではないでしょうか。
こういった宿泊施設だけでなく、様々な付帯サービスを使って利用者の
ニーズに応えていくホテルが今後も増えていきそうで、楽しみですね。

ドクターイエローという新幹線の路線を検査する車両があります。
黄色いボディーをしているのでドクターイエローを呼ばれていて、
不定期に走行しているためこの列車を目撃すると幸運に恵まれると言われています。
ドクターイエローには2種類のダイヤが存在しています。
のぞみと同じダイヤで走る「のぞみ検測」が月に3回、東京-博多間を往復します。
こだまと同じダイヤで走る「こだま検測」は月に1回、東京-博多間を往復します。

検測開始日はネットで予測日程が公開されていますので、参考にするとよいでしょう。
ちなみの予測日程と言ってますが、ほぼ確実にあたるようです。
どこからか情報を得ているようですが、出所は不明です。
予測日程から検測する日当日に東京駅をドクターイエローが出発したという目撃情報は、
ツイッターなどから簡単に確認することが出来ます。
出発の情報が確認できれば、あとはのぞみ検測、こだま検測に合わせたダイヤで
走行しますので、それに合わせて最寄りの確認ポイントに行けば目撃できます。

最も楽なのは予測日に東京駅の新幹線出発口付近で待つことです。
時間に余裕があればこれが一番確実な方法でしょう。
とはいえ、朝早くでるのか時間までは分かりませんので張り込みすることになります。
同じような人は大勢いるでしょうから、ドクターイエロー待ちの一人ということです。
そこまでして目撃することに何が意味があるのか?というと意味など無いかもしれません。
目撃したという自己満足でしかないのは言うまでもないでしょう。