名古屋に新しくオープンしたレゴランド、大人の入場料は6900円でちょっと高すぎる印象です。
レゴランド自体は子供向けのテーマパークなので、大人が楽しめるのはジェットコースター
ぐらいしかないかもしれません。
それ以外のアトラクションは子供と一緒に乗って、主に子供が楽しむものです。
レゴを見るだけというわけではないので、全く楽しめないわけではありませんが
ディズニーランドやUSJなどに比べると大人6900円というのは高すぎる気がします。

こういうテーマパークはどれだけリピーターが来るかが課題となるわけですが、
子供はともかく大人は1度で満足してしまうでしょうから、中々リピートしようと
思わないかもしれません。
リピーターを増やすためには入場料はもちろんですが、ファミリー層がターゲットであれば
食事の持ち込みを可能にするなど柔軟に対応すべきでしょう。

あと料金で問題になっているのが、入場料だけでなくパーク内での食事です。
ハンバーガーのセット(ポテトとドリンク付き)で1300円というのは、ちょっと高すぎます。
その他の食べ物も相対的に高く、入場料以上に食事にお金がかかってしまいます。

ファミリー層をターゲットにしているのに、四人家族で入場に2万円近く、パーク内の食事で
1万円近く使うことを考えるとリピーターは望めないでしょうし、こういった情報は
SNSで直ぐに共有されるので行こうと予定していた人の足も鈍らせてしまうでしょう。
同じようにお金を出すならUSJやディズニーランドで良いと思われてしまったら、
それこそパークの運営を維持するのも難しくなってしまうのではないでしょうか。

てるみくらぶが債務超過に陥って破産したニュースが大きく取り上げられており、
今現在でも海外へ渡航している人で被害にあい続けている人もいます。
渡航先でホテルの予約ができていなかったり、帰りのチケットが発券できずに
自費でチケットを購入するために右往左往されているわけです。

そんなてるみくらぶの破産ですが、破産寸前まで客に現金で入金されていた、
そのお金を別の支払いに回していた自転車操業をしていたとされていますが、
これは詐欺に近いのではないかという話も出てきています。
もっと早い段階で債務超過に陥っていて、不渡りを出すのは時間の問題であったことは
経営陣はわかっていたことでしょう。

直前まで広告を出して、客から現金を集めているのを見ると計画的倒産なのでは?
という疑問を持たれても致し方ないことだと思います。
その点について、てるみくらぶの社長は否定しているわけですが、今後の捜査によって
詐欺が適用されるかどうかが分かってくるのではないでしょうか。
しかしクレジットではなく、現金で払わせるなどのやり方を見ていると、被害者からすれば
詐欺としか言いようがないと思っても仕方のないことです。

まずは被害に遭った人への保証がどこまでなされるのか。
渡航先から帰国できないような人がいないのか、二次被害に遭った人がいないのかなど
現在進行系で発生している問題に対して、てるみくらぶだけでなく業界を含め
国としても対処しなければいけない問題になっています。