チップを払うという習慣は日本にはありません。
そのため、海外旅行などでチップを払うタイミングや金額について
困惑してしまうことが多くあります。
いつ払えばいいの、いくら払えばいいの、そもそもチップってどうして払うの
といった疑問が日本人の多くが持つ疑問です。

まず、そもそもチップとは何か?から見てみましょう。
チップとは「心づけ」「祝儀」といったような意味合いがあります。
海外では労働報酬の一部としてチップが存在しており、その分だけ給料が低くなっており
チップをサービスを受ける側が支払うことで給与の一部としているのです。
この考え方は日本人には馴染みがあまりありません。
ならばサービス料として最初から徴収すればいいのに、と考えてしまいますよね。

しかしアジア、オセアニア、ミクロネシアなどの地域以外のほとんどの国では
チップを支払う必要のある国となっており、世界的に見ればチップを払うのは
当たり前の状態となっています。

では、どんな時にいくらチップを払えばいいのか見てみましょう。
ホテルのポーター:1ドル
枕銭:1~5ドル、ホテルのランクにより変動
レストラン:料金の10~20%程度、サービス料が含まれている場合は、少額
バーテンダー:1杯につき1ドル
タクシー:10~15%

このように見るとかなり頻繁にチップを支払うのがわかります。
タクシーなどは荷物を運んでもらっただけで1個1ドルを払うケースもあります。
日本では考えられませんね、善意で行うレベルの部分までチップを払うなど
到底考えられませんが、欧米ではこれが当たり前なのです。
根本的な文化の違いが、チップという習慣に現れていることがわかります。

レゴランドジャパン料金が期間限定で半額になるキャンペーンが行われていました。
年間パスポートを持っている方を対象としたもので
年間パスポートを持って家族や友達と遊びに来ると最大2名まで
1DAYパスポートが半額になるというもの。

つまり、お父さん、お母さん、子供の3人が年間パスポートを持っていたら
年間パスポートを保っていないおばあちゃんやおじいちゃんと一緒に来た時
半額にしてあげるよ~というキャンペーンです。

もちろん、お母さんと子供の二人が年間パスポートを持っていたら
ママ友とその子供たち2組が半額で入れちゃうってことです。
年間パスポートを持っている人にお友達や祖父母を連れてきてねっていうものです。

このキャンペーンは2017年4月25~2017年5月31日まで行われていたのが
非常に人気で1ヶ月延長されて2017年6月30日となっていました。

つまり...本日中しかこのキャンペーンは利用できないのですが
大変好評のキャンペーンということで、また同じようなキャンペーンが
後日企画されるかもしれませんね♪

ただ、今回のキャンペーン、レゴランド側は大々的に発表をしていなかったようです。
年間パスをすでに所有している人を対象にSNSで通知を出したそうです。
つまり次回のキャンペーンもひっそりと行われる可能性があります。
レゴランドに行きたいと思っている方は年間パスポートを持っている人と
知り合いになることと、常にアンテナを張っておく必要がありますね。