現在、日本では外国人旅行客を増やし観光立国としての
地位を確立しようとしています。
2000年には476万人だった訪日外国人旅行者ですが、
2014年には1341万人と1000万人を超えて増加中です。
また政府は2020年までに2000万人を目指すとしています。

外国人旅行客が増えればそれだけ観光収入が増えますので、
日本にとっては良いことでしょう。
最近では中国人旅行客による爆買いといわれるショッピングも
注目を浴びています。

しかし、外国人旅行客の増加はいいことばかりではありません。
デメリットとして一番言われているのが外国人による犯罪の増加です。
日本は世界でも治安が安定している国として有名ですが、
外国人の流入によりその治安が悪化するのではという懸念です。

これについては賛否両論があり、外国人が増えたからといって
わざわざ旅行に来てまで犯罪を犯す人がどれだけいるのかという疑問説。
逆に人口が増加すれば犯罪発生数も増えるのは当然なのだから、
発生率によらず人が増えることで犯罪は確実に増えるという説があります。

ただ、観光面でのメリットを考えた場合に犯罪発生数の増加への対処で
防ぐことが出来るのではないかという予防も議論されています。
いずれにしても、日本へ来る外国人の数は年々増加しており、
早急な対策が必要なことは言うまでもありません。

外国人の友人が日本に来たときに、日本人は本当に親切な人が多くて
びっくりしたと喜んでいました。
私もその話を聞いて、嬉しくなりました。

見知らぬ土地、英語圏でもないので言葉の不安もあり
一人旅で緊張していたようですが
道が分からないときに、お店でウェイトレスさんに聞いたら
とても親切に地図まで書いてくれたと喜んでいました。
その上、チップも受け取らなかったと。
他にも困っていると、必ず日本人が助けてくれた。
無視することもできたのに、見過ごさずに助けてくれる人が多くて嬉しかった。
そう、言っていました。

これは日本人が外国人旅行客に親切というよりは
困っている青年に対して親切だった、ということのような気がします。
というのも、彼は見た目爽やかですからね。
これがタトゥー入った筋肉隆々な人だったら、怖がって敬遠した人も多かったんじゃないかな。
日本人ってタトゥーに免疫がない人が多いので
刺青=怖い人って先入観で見る人が多いですからね。

たぶん、私が同じようにお店でウェイトレスさんに道を聞いたとしても
親切に教えてくれたんじゃないでしょうか?
外国人だからということではなく、日本人は親切な人が多いと思います。
排他的だとか、同一圧力が、とか色々言う人がいますが
他の国へ行ってみるとどれだけ親切な人の割合が多いか、実感しますね。