宿泊先でスーツケースの鍵が開かない!どうする?

海外旅行で宿泊先に到着してスーツケースを開けようとしたとき、
鍵が開かない!ことは良くあります。
運搬時の衝撃などで鍵部分が破損したり、ちょっとした異物が挟まったりして
ファスナーが空かなくなります。
これはスーツケースの品質が悪いというわけではなく、そういうモノだと理解しましょう。
大事なのはどうしたらいいのか?です。

スーツケースが開かないと旅行先で何もできなくなります。
鍵の種類にもよりますが、ダイヤル式で解除してファスナーを開くタイプの場合は
ダイヤル部分が壊れているわけではなくファスナー部分が故障しているケースが大半なので、
ファスナーに細い棒をねじ込んで少しだけ開けてみましょう。
そのあとダイヤルを合わせて開錠すれば意外とすんなり開けることが出来ますし、
閉じる時もスムーズに閉じることが出来ます。

ファスナータイプではなく、鍵を差し込んで明けるタイプの場合は現地で工具を借りるなどして
破壊するしかありません。
残念なことにこのタイプは破壊すると鍵をかけることが出来なくなります。
それでも現地で鍵の代わりになる南京錠などを購入し細工することで簡易的な鍵は出来ます。
スーツケースが開かなくて現地で何もできないよりは、鍵を壊してでも開けることを優先しましょう。
最悪は、新しいスーツケースを買いなおすぐらいの開き直りが必要です。
鍵部分が壊れることはそれほど多くありませんが、そのあたりも見越してスーツケースを
購入するようにしましょう。