海外旅行のキャンセル料ってどれくらいかかるの?

海外旅行を計画しツアーに申し込みもして予約成立したけれど、
急きょ旅行に行けなくなることもあります。
そういった場合、キャンセルするタイミングによってはキャンセル料が
発生しますので注意したいところです。

では、どの時点からどれぐらいのキャンセル料金が発生するのか、
一般的な大手旅行代理店の場合で見てみましょう。

旅行契約の取り消し日が旅行日の40日前以降であれば無料です。
31日前以前になると代金の10%
30日前以降~3日前以前であれば20%
2日前~当日の旅行開始前であれば50%
旅行開始後の解除や連絡なしでの不参加は100%の負担となります。

ちなみに起算日は旅行開始日の前日となっていて、そこから起算して取り消し日が
いつかによってキャンセル料金を計算します。
チャーター機になるとキャンセル料金が増加する傾向にあります。
20日前以降~4日前以前で負担は80%となり、3日以降は100%負担となります。

また、燃油サーチャージが旅行代金に含まれている場合は、
キャンセル料金も燃油サーチャージ込で計算されることになるので
割高なキャンセル料金になってしまいます。
注意して欲しいのは、上記の記載内容は一例をあげているだけですので、
実際のキャンセル料金は旅行代理店やツアーの内容によって異なります。
あくまでもキャンセル料金の目安として参考にしてください。
どちらにしてもキャンセルするのであれば、出来る限り早いほうが負担額は
少なくて済むと考えて間違いありません。