海外での買い物は現金かクレカどっちがいい?

海外旅行の楽しみの一つに買い物がありますが、出国時に悩むのが現金を
いくら持っていけばいいのかという問題です。
高額になると手続きが面倒になったりしますし、盗難に遭うリスクも高くなります。
だけど買い物はしたい!という人には現金だけでなくクレジットカードの利用がオススメです。

現金かクレジットカードかという問題がありますので、それぞれのメリット・デメリットを
理解した上でバランスよく使い分けた方が良いと考えます。

【現金】
どんな場所でも使うことが出来、交通機関への支払やカードが使えないお店、
チップなどの支払に役立ちます。
ただし、高額になればスリ、盗難被害にある可能性が高まります。
安全面では持ち歩くお金は少ないに越したことはありません。

【クレジットカード】
限度額が設定されていて、限度額までであれば現金不要で買い物できます。
VISAなど国際的に使えるクレジットカードがあれば世界中で利用可能です。
高額な買い物をする場合は現金よりもクレジットカードがイイでしょう。
ただ、カードを使えないお店があったり、交通機関の支払には不向きな場合があります。
また、決済はその場で行われますが支払は帰国後になることを忘れてはいけません。

このように現金かクレジットカードのどちらが良いかはケースバイケースだと言えるでしょう。
現金の範囲内で済ますことが出来ればいいのですが、安全面で不安がある人にとっては
クレジットカードは心強い味方になると思います。