海外旅行に行くとなぜか誰も信用できなくなる

海外旅行に行くと日本にいる時とは違ってピリピリしていませんか?

・財布を盗まれるかも?
・タクシーの料金をぼったくられるかも
・人気のないところに行くと犯罪に巻き込まれるかも
・パスポートを無くしていないだろうか?

こういったことを常に気にして旅行している人が多いと思います。
つまり誰も信用できなくなる状態に陥ってしまうわけですが、
「海外旅行=危険だから」「失敗したくない」という意識が働くので、
どうしても周りの人間を疑った行動に走ってしまいます。

日本国内にいるときは、電車や街中でも平気でスマホを取り出すのに、
海外に行くと絶対にそんなことはしないはずです。
もし人通りがそこそこある海外の交差点で、スマホ片手に歩いていたら
すれ違いざまに盗まれるリスクが高いことを知っているからです。

誰も信用できなくなるような精神状態で旅行をしていても、
楽しさは半減してしまうことでしょう。
海外旅行で自衛することは大事ですし、犯罪に巻き込まれないように
するのは当たり前のことです。

しかし過剰に反応してしまうことで、旅行が楽しくなくなってしまうと
本末転倒ですから信用できなくなるほどの過剰反応は行きすぎかもしれません。
むしろ外国でも大半の人は何かを盗んだりするわけではなく、
日本人と同じように生活している一般人です。

一部の不届きものがいるのは国内でも同じことですから、適切に対処すれば
疑心暗鬼になるレベルまで警戒することはないでしょう。
日本国内と全く同じ意識でいるのはリスクが高すぎることは知っておきましょう。