気をつけて!海外の救急車は有料です。さて、おいくら?

日本で救急車を呼んでも料金が掛かることはありませんが、
海外で同じように救急車を呼ぶと料金が掛かります。
国別でかかる料金は異なりますが、本当に必要な場合に救急車を呼ぶようにしましょう。
ではどれぐらいの料金が掛かるのか見てみましょう。

■アメリカ
都市によって金額が異なります、大よそ3万~6万円の幅で考えておけばいいでしょう。
ハワイ、ホノルル:5万~6万円
ロサンゼルス:4万5千円
ニューヨーク:2万7千円

■カナダ
バンクーバー:4万5千円
トロント:3万4千円

上記以外の国でもオーストリアやフランスなどで救急車利用時に料金が発生します。
また、走行距離に応じて料金が加算されるケースもあります。
さらにアメリカでは救急車の中で処置を行った場合は、その分に関する料金も
病院での治療とは別で請求されますので注意しましょう。

■海外旅行保険を事前に確認しておく
海外で治療を受ける場合は、どれだけの費用が掛かるか分かりません。
そのため渡航前には必ず海外旅行保険について確認しておきましょう。
クレジットカードに付帯している海外旅行保険も、無制限に補償されるとは限りませんから
どの程度の補償が受けられるのか事前に確認しておくことは欠かせません。

例えばアメリカで虫垂炎の手術をした場合、200万~高ければ500万もかかることがあります。
しかもそれらのお金は一旦その場で払わなければなりませんので、
日本にいる感覚のままでいると大変な事態になることもあります。